スペイン
スペイン > コルドバ

アルカーサル

 アルカーサル(Alcazar):これは14世紀アルフォンソ11世によって建てられたムデハル調の城です。カトリック両王は、アラブ勢力の最後の砦だったグラナダ王国の征服を指揮するためここを居城にしています。コロンブスが新大陸への大計画を携えてカトリック両王に謁見を許されたのもこのアルカーサルでした。また悪名高い異端審問所が1490年から1821年までここに置かれました。現在残っているのは広間が数室、中庭、庭園、そして城壁の四隅にそれぞれあったとされる塔のうち3つだけです。アラブ趣味の広い庭園には池と噴水、糸杉と熱帯植物が織りなす調和があり、散策のひと時を過ごすのに最適です。広間の展示品には2-3世紀頃の大理石の棺やローマ時代のモザイク画が注目を集めています。
 
ローマ橋
 

 

Copyright © 2005-2009 Spaining. all rights reserved.